今後予測される大地震に備えてグラウト材で耐震対策をとろう

作業員

機械にも定期健診が必要

エレベーター

日頃から利用するエレベーターはメンテナンスフリーというわけではないので、定期的にメンテナンスをしておかなければなりません。安全性の高い国産品でもいつかは限界がきてしまいます。

事前対策で準備万端

ヘルメット

東日本大震災から数年経過した今、現在の耐震補強の技術は更なる向上を遂げております。今後また、どこかで起きると予測されている大地震に備えて、耐震補強の対策は欠かせません。今後起こることが予想される大地震の1つに「南海トラフ地震」というものがあります。南海トラフとは、四国から静岡県の南の海底に続く大きな溝のことで、その深さは水深4000mにも達するといわれています。その部分を震源地として起こる地震が「南海トラフ地震」です。こうした予測が被害を最小限に食い止めることができ、そのためには日頃から耐震対策を心がけることが必要です。
耐震補強として使用されるものでグラウト材があります。そのグラウト材にはいくつか種類があるので確認していきましょう。グラウト材は、コンクリートなどのひび割れや細かい隙間を埋めるために使われる流動性のモルタルです。そのグラウト材は、薬液系と非薬液系に分けられ、それぞれ用途別に使い分ける必要があります。薬液系を細分化していくと、水ガラス系の溶液型と懸濁型、特殊シリカ系の懸濁型と溶液型などの他にも種類がいくつかあります。非薬液型の場合には懸濁型しか存在しません。グラウト材は鉄骨ブレースや鉄骨ベース、機械基礎など様々なシーンで利用されています。グラウト材を使用した補強対策は通常のコンクリートの約2倍近くまで強度が高まるのです。今後も起こるであろうと予測される大地震に備えて、耐震対策は万全にしておきましょう。

おすすめ関連サイト集

  • 嵯峨電機工業株式会社

    機能性の高い作業灯を探しているのであれば、こちらで販売されているものがおすすめですよ。値段もお手頃ですのでお得です!
  • 株式会社サンエイテック

    気軽に相談を行なうことができるようになっています。グラウトを行なっている業者に電話がしたいと考えているならこちら!
  • 原状回復110番

    クッションフロアの張り替えや、フローリング敷設などは原状回復業者にお任せ!低料金で高品質のサービスを提供していますよ。
  • エレベーターメンテナンス費用比較君

    安全に使用ができるように定期的にエレベーターのメンテナンスを取り入れておくことが必要です。こちらで比較をしておこう。

退去後の後処理

室内

借りていたオフィスを退去した後は、使用前の状態に戻すために原状回復が必要です。それをすることで使用前とほぼ同様に戻すことができます。依頼する業者によって作業スピードや料金に違いがあります。

視認性で作業効率は変わる

照明

工事現場や夜間の作業などで使われることの多い作業灯には、いろいろな種類があります。購入をする際に確認すべき点はいろいろあります。照度を表すルクスがどれくらいであるのか、電球はハロゲンかLEDかなどを確認しておくことが必要です。